子宮筋腫という病魔に気を付けよう|女性の常識

痩せるために

ウエスト

なかなか痩せられない人は、大阪で人気を集めているダイエット外来を受診すると良いでしょう。患者に合わせた適切なアドバイスを送ってくれます。ダイエット外来の医師の指示に従うことで、健康的に痩せられるのです。

More Detail

妊活のための受診

医師

大阪の産婦人科などで受けることができる不妊治療、より手軽なものであれば自然な妊娠も可能になります。医療機関によってその実績や評判は異なってくるため、より質の高い治療を受けたいという場合には事前の情報収集がポイントとなってきます。

More Detail

妊娠の可能性を上げる

女医

人工授精は、子宮へ精子が侵入するサポートをする役割があることから、精子側に問題がある場合には有効な治療です。大阪で人工授精をする際には、生理日1日目から実際に精子を注入する排卵日まで数回通院する必要があります。

More Detail

成熟期の女性に多い

女医

30代〜40代女性が発症

子宮筋腫とは子宮の壁を作る筋肉層にできる良性の腫瘍(筋腫)です。筋腫の大きさは個人差はありますが、小豆大のものから大人の頭ほど大きくなるものもあります。数は1個だけのもから数個、数十個できる場合もあります。30代〜40代の女性が発症することが多く、30代の約20%〜30%の女性は子宮筋腫を持っていると言われています。自覚症状がない場合は治療の必要はなく経過観察とします。半年あるいは1年に1度、筋腫が大きくなっていないかを確認するため、婦人科で診察を受けましょう。尚、子宮筋腫から癌になることはありません。はっきりとした原因はわかっていません。しかし子宮筋腫は卵胞ホルモンの分泌が盛んな年代に大きくなり、閉経して卵胞ホルモンの分泌が減少すると小さくなることから、筋腫は卵胞ホルモンの影響で大きくなるのではないかと言われています。

手術で摘出する

筋腫が小さい時は特に症状はありませんが、筋腫が拳より大きく成長すると様々な症状が現れます。主な症状は月経時の腰痛や下腹部痛、過多月経による貧血などです。月経時にレバーに似た血の塊が出たり、不正出血が起こることもあります。さらに筋腫が大きくなると、周りの臓器や骨盤を圧迫するため月経時以外にも下腹部痛や腰痛が起こるようになり、頻尿や便秘もみられます。お腹を触るとしこりに触れたり、お腹のまわりが太ってくることもあります。症状が酷い場合や筋腫が大きい場合は手術によって筋腫を摘出します。手術は筋腫だけを摘出する方法と子宮ごと摘出する方法がありますが、将来出産を望む場合は、できるだけ子宮を残す方法で考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加