妊娠の可能性を上げる|子宮筋腫という病魔に気を付けよう|女性の常識

子宮筋腫という病魔に気を付けよう|女性の常識

妊娠の可能性を上げる

女医

向いている人、いない人

大阪で不妊治療をしていると、タイミング法の次のステップとして人工授精を勧められます。人工授精はAIHと呼ばれていて、精子を直接子宮へ注入することで、卵子と精子を出会わせるタイミングの可能性を高めることができます。人工授精に向いている人とは、男性側に精子無力症などの精子障害がある場合、性交に問題がある場合、精子に問題はなくてもタイミング法でなかなか妊娠ができなかった場合です。人工授精は、精子が子宮に進入する時のサポートをする役割を持っていますので、精子側に問題があるとわかった時には、人工授精が効果的な治療になります。逆に男性側に問題がない場合や、女性の年齢が高い場合は、体外受精を勧められることが多いです。

治療の流れ

大阪で人工授精を受ける時の流れですが、毎月1回しかチャンスがないことを覚えておきましょう。大阪の婦人科では、AIHが多く行われています。排卵の前日から当日に行われますが、精子を専用の容器に採取し、洗浄したうえで子宮内に注入します。治療自体は生理1日目から行われ、排卵日を正確に把握するため、数回の通院が必要になります。男性側、女性側ともストレスをためることなく過ごして採取と排卵日を迎えることが大事です。人工受精後も、排卵の確認や黄体機能が正常に機能しているかといったチェックが必要ですので、スケジュールに気を付けて治療を受けたいものです。痛みはほとんどなく、妊娠率は1回につき5パーセントから10パーセントの確率になります。大阪で不妊治療を望んでいる人は人工授精へのステップを知っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加